医師

岡山の病院なら痛みの少ない内視鏡検査を受けることが可能です

● SITE MAP ●

岡山県で内視鏡検査を受ける必要性

健康で長生きする上で重要となるのが病気の予防です。食生活や睡眠などの規則的な生活を心掛けるのはもちろんのこと、定期的に健康診断を受ける事も大事なポイントになります。一口に病気を言っても数多くの種類がありますが、中でも気を付けなくてはいけないのが癌です。命に関わる深刻な病気の一つでもある癌の早期発見を手助けしてくるのが内視鏡検査です。
内視鏡とは体の内側を検査するために作られた医療器具のことで、岡山にも検査を受けられる病院はたくさんあります。内視鏡を使って行われる検査内容は、食べ物を取り入れる口から排泄部分まで繋がっている喉や胃、腸などの健康状態の確認です。特に大腸部分にできる癌は、ポリープと呼ばれる良性の腫瘍が悪性に変化した物と考えられています。良性とは異なり悪性腫瘍は他の臓器に転移してしまう可能性を秘めているので、早い段階で手術をして取り除かなくてはいけません。
しかし、ポリープの段階では自覚症状が現れないため気が付きにくく、岡山でも体調に変化が起きてから検査を受けたために、見つかった段階でかなり病状が進行していたという事例があります。手遅れになる前にポリープの段階で発見するためにも、岡山県内の身近な病院で定期的に内視鏡による検査を受けることが大切です。

内視鏡検査を受けるなら岡山の病院がおすすめ

健康診断や人間ドッグに欠かせない内視鏡検査ですが、人によっては検査に抵抗を感じる人も珍しくありません。多くの場合、内視鏡検査は胃カメラが主流で口からカメラが取り付けられている管を飲み込む形で行われます。内視鏡に慣れていない方や初めての方は、検査のときに口に異物が入れられることを恐怖として感じたり、苦痛を伴うことでしょう。内臓の病気は患部が目に見えるわけではないので、自分でもはっきりとわかるような症状が無い限り、病気に気づきにくいという点があります。そのため不調はなくても定期的な内視鏡検査を行うことは非常に大切です。しかし、恐怖心や苦痛が気になるために検査を受けることを躊躇している場合、病気の発症に気づくのが遅れる原因になりかねません。そのために岡山の病院では、患者さんの負担を減らすことを第一に考え痛みのできるだけ少ない検査方法を提案しています。岡山の病院では最先端の設備や検査機器を導入しているところも多く、内視鏡検査が初めてでも安心して受診できます。最新の検査機器はどれも高性能ですから、大きな病気の早期発見も可能です。検査によって健康管理をしっかりと行うなら、まずは岡山の病院で受診することがおすすめです。

岡山で大腸の内視鏡検査を行おう

日本人のがんによる死因の中でも特に大きな割合を占めているのが大腸がんです。大腸がんを防ぐには、毎日の食生活に気を配り規則正しい生活を心がけることが有効ですが、早期発見のためにも大腸の内視鏡検査を受けることがおすすめです。内視鏡検査というと胃カメラの印象が強いかもしれませんが、岡山では内視鏡を用いた大腸の検査を行っている病院がたくさんあります。内視鏡で腸壁の様子をしっかりと検査するだけでなく、同時にポリープも切除できるのが大腸内視鏡検査のメリットです。大腸がんは初期であればあまり自覚症状がありません。発見が遅れると、その間にステージが進行してしまうということも珍しくありません。岡山の多くの病院では、定期的な内視鏡による大腸検査をおすすめしています。加齢やストレスなどが原因で腸内環境が悪化し、大腸がんの大きな原因となる悪玉菌が増えてしまうので、現在の自分の腸の状態を知るためにも定期的な検査を受けましょう。岡山の病院の多くが導入しているのが肛門から大腸カメラを入れる検査方法です。身体に異物を入れるのに抵抗を感じる方もいらっしゃるでしょうが、負担や苦痛を和らげるため麻酔を行って検査する方法もあるので、初めての方も安心して受診できます。

● ENTRY ●

● MENU ●

2020年03月06日
体の中の状態をチェックできる岡山にある病院の内視鏡検査を更新しました。
2020年03月06日
内視鏡検査の特徴と岡山県で検査を受けるときの病院選びのコツを更新しました。
2020年03月06日
岡山で苦痛の少ない内視鏡検査を受けようを更新しました。
2020年03月06日
岡山県で内視鏡検査を受ける時の病院の選び方と注意点を更新しました。
TOP